2010年12月04日

映画「キャタピラー」by若松孝二

自主上映会で映画を見てきた

正直「感想文」は昔から苦手
分からん所で聞きたい所があればコメント欄に質問よろしく



映画『キャタピラー』 → 公式HP



観おわった後
胸の中に何とも表現しにくい重い感情が

冒頭 衝撃的なシーンから始まるこの映画

「お国のため」が口ぐせのように繰り返されたであろう
そんな時代

平成に生きる私達から見たら
それは到底尋常な事態ではない

バンザイで見送られ戦場へ赴く男達
夫・黒川久蔵(大西信満(しま))を見送った妻・シゲ子(寺島しのぶ)も同様

「お国のために」戦い四肢を失い戻ってきた久蔵
戻ってきた夫を見た時のシゲ子
あふれだす強い感情
とてもその場にいられない

ゆがんだ時代が彼を『軍神』と崇(あが)める

しかし

『軍神』の妻として夫の世話に明け暮れるシゲ子
この時 彼女にとっての夫は既に
「食べる・寝る・求めるだけの生き物」
でしかなかったのではないだろうか

そこに垣間見えたのは最早愛情ではないと思う
しかし私にはその感情が何なのか表現し切れない

一方

四肢は奪われ 顔の一部が焼けただれ
耳は聞こえず 会話が出来ない(声は出る)
そんな久蔵には
自分の事が大きく載った大帝国新聞の記事
天皇から与えられた勲章
この時代 どこの家にもあったのだろう 天皇・皇后の写真
これだけが支えだったのかもしれない

そんな夫婦が少しずつ
久蔵は戦争時代に自分がした事のフラッシュバックに
シゲ子は欲求の塊になってしまった夫への対応に
更なるゆがんだ言動に傾いてしまう
そんな様子をじっくり見せてくれる

そして・・・それぞれの終戦を映し出し映画は終わる

何とも重苦しい
でも そんなゆがんだ時代を生み出してしまったのは
間違いなく過去の日本人だ

個人的には久蔵の戦争時代に自分がした事を
もう少し多く映像にして欲しかったと思う
フラッシュバックする程なのかこれは?と少し思ったので

しかしこの映画
クランクインからたった12日しか撮影期間が無かったらしい
・・・たった12日でここまで作るのは素晴らしい

よく見る戦争映画とは違う
これは「戦争の映画」だ
久蔵とシゲ子 それぞれの「戦争の映画」だ



出来れば機会をとらえて 映画館で見て欲しい

不景気に歯止めがかからず 犯罪が増えたとも言われる現在
年齢・経歴をほぼ問わず 仕事が無い人がますます増えている
戦争したら様々な職種の求人が出るのではないかと言った知人も

しかし

それでも「戦争」をしてはならない
「バンザイ」を大切な人との悲しい別れに使ってはいけない

久蔵のような シゲ子のような
そんな人間を 二度と出してはならない

大人として今を生きる私達が
次の世代に残せる物が『平和』であるよう心から祈りたい
posted by ハッピー at 17:44| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どんな大義名分をもってきても、戦争を肯定する理由にはならないよね。。。
それにしても、この映画、上映劇場があまりにもマニアックすぎ。
神奈川エリアはなしで、都内が下北のトリウッドとは参りました。
もっとたくさんの劇場で観られるようにすればいいのに。


Posted by きょろん at 2010年12月04日 23:34
きょろんさん、コメントありがとうございます。

以前、室井佑月さんがテレビで戦争の話になった時、
それを肯定した男性に向かって、
だったらあなた(かあなたの家族がだったか忘れた)が行けばいい
と言ったことがあるそう。
(私見てなくてはっきり分からんがやけんど)

母親ならではの発言だと思い、激しく納得。
戦争を仕掛ける者達が戦争に行けばいい。
私もそう思う。
大概戦争を仕掛ける者は、自分は戦争に行かんもん。
安全な所からなら好き勝手な事言えるちや(怒)

コレ↓は爆風スランプが歌った反戦の歌
http://lyric.kget.jp/lyric/wk/gy/o/
「東の島にブタがいたVol.3」って言うタイトルの
何とも爆風らしい歌ながやけんど(YouTubeとかで聴いてみて)
最後の4行が私の心理でもあるがやき。

出来ればきょろんさんにも見てもろうて、
感想文が下手な私の日記より
分かりやすくて気持ちの入る(普段通りに書いてもらう事)感想を
日記に書いてもらいたいくらい。
でも神奈川上映が無いとなるとなぁ・・・。
Posted by ハッピー at 2010年12月05日 09:48
95才に亡くなった大姑は、戦前、戦中、戦後、しかもいくつも経験して、どれかの時に戦地で主人を亡くしました
なんで、再婚しなかったの?
っと聞いたことあります
「お国のために亡くなってるのに、できるかいな!!!」っと怒られました

次男の性格は自衛隊にとてもむいています
ただ、野球で腰を痛めてるので、訓練ができないし、やめたのですが。
良かった

映画はみてないけど、、キット、考えさせられる映画ですね
Posted by zzzhiko at 2010年12月06日 14:14
zzzhikoさん、コメントありがとうございます。

大姑さん!もんの凄い生き字引が近くにおられたがですねぇ。
しかもココでも出てきた「お国のため」。
平成の世の中、そんなこと思う人・・・おらんかも?

この映画、考えさせられる映画でした。
「カッコ良い」部分が無い「戦争の現実」を見せた映画やと思う。
ゆがんだ時代で無ければ久蔵は「軍神」とはきっと呼ばれなかった。
日本のおえらいさんが何年もかけてそういう思想を作り上げた。
そして違う思想を様々なやり方で封じ込めた。
いつ同じような流れに行くのか分からない不安は常に感じる。

クマさんこと篠原勝之さんが特殊な役柄で出演しゆうがですよ。
彼の終戦もかなり印象深いです。

力強くすすめます。
ぜひ見てみて下さい。
Posted by ハッピー at 2010年12月07日 20:45
ハッピーさん、ちょっとお久しぶり
一時期は心配のコメありがとう。ブログ復活したよ。12月〜
それにしてもいい映画だね。平和か〜。
こうしてブログが書けるいまが僕にとっては平和カナ
Posted by 作太郎 at 2010年12月08日 00:05
重い映画でしたか…

観たいと思っていたのですが、
予定のない午後はbjTV観戦してしまいました。

劇場で観るよう、情報集めます。
Posted by うらら at 2010年12月08日 21:22
作太郎さん、お久しぶり〜♪
コメントありがとうございます。
返事が遅くなってごめんなさいm(_ _"m)ペコリ

ブログ復活!おかえりなさ〜い。
またチェックしに行きますね。楽しみや〜♪

「キャタピラー」えい映画でした。
何年も前から感じゆう不安な気持ちをズバリ指摘されたと言うか。
戦争が風化されつつあるような感覚があり、
不景気が拍車をかけつつあるような気もしていて。
軍事産業は儲かるって聞くし(高知にも銃を作る工場がある)。

平和な世の中だからこそ色々な事が出来る。
ブログもそうですよねぇ?

作太郎さんも機会があれば見てみて下さい。
ちなみにR−15にしてる映画館もあるみたいなので、
小さい子供さんと一緒に行かれるのはオススメしません。
Posted by ハッピー at 2010年12月11日 11:24
うららさん、コメントありがとうございます。

「キャタピラー」重い映画でした。
その頃の「ゆがみ」を見せ付けられた感じ。

加えて他の人のコメント返事にも書きましたが、
「何年も前から感じゆう不安な気持ち」。
例えば日本が増やし続けゆう、国債。
ひとたび戦争が起きたら紙くずになるって言った人生の先輩。
↑真偽は不明やけど私は信じてます
そんなこと企んでないか?日本の上層部?とか思ってしまい、
郵便局からの購入勧誘をかたくなに断った事も。
(1万円から買えますよ〜って勧誘が職場に来た事が)

平和憲法第9条に対しても最近は扱いが少しぞんざいな感じ。
何とかして取り崩してやろう的な考えが見られることも。
あんなしんどい時代を生きて、
あんな辛い状況下に置かれていただろうのに!
その時代に戻る気か!と腹立たしい気持ちになります。

・・・自分のことばっかり書いてすみません。
この映画を見てそんな不安が噴出したもので(^^ゞ

出来れば劇場で鑑賞して欲しいのが希望です。
下手な感想文(私の)より、色々な事を感じさせてくれると思います。
ぜひぜひ。
Posted by ハッピー at 2010年12月11日 11:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。